Infomation新着情報




住宅振動の解析
  防震、耐震住宅建設を手掛ける建設会社です。地震、列車、大型車両、工場等の振動が住宅に及ぼす影響を計測するには大掛かりな測定機器が必要でした。しかしG-MENは小型のうえ乾電池で動作するため簡単に振動測定が可能になりました。


ストップショック工法の家
 
   
  ストックショック基礎パッキンを家の基礎と土台の間に介在させる工法で、地震や交通震動を和らげることができます。そのメカニズムは、ストックショック基礎パッキンが震動エネルギーを熱エネルギーに変換し、外部に放出します。また、パッキン自体が強大な弾性機能(ヒステリシス機能)を有していることです。この2つの機能の相乗効果により震動を緩和することができます。


G-MENの活用方法
 
 
免震装置上の土台部分①にG-MEN DR02を1台設置する。
基礎部分②にG-MEN DR02をもう1台設置する。
免震装置を備えた建築物にG-MEN DR02を設置し、2ヵ所の振動の違いをG-MEN DR02で測定記録したデータを専用ソフトウェアで解析する。
   


簡易震動試験内容
 
免震・制振工法を用いない2階建の新築住宅に対し簡易的に加振機で地面を震動させ、その震動が新築住宅にどの様に伝わるかを測定した。    


簡易震動試験方法
  2階建住宅の基礎部分、1階床下、2階床下、屋根裏の4個所にG-MEN DR-02を設置し、同時期録を開始し、それそれの場所の振動を記録した。
 
 


簡易震動試験結果
  振動は基礎部分では比較的小さいが、階が上がる毎に増えていた。特に1階部分が大きく次に2階部分が大きかった。この様に震源から離れた個所の振動が大きくなる事が測定したデータから把握できた。
 
     
基礎 1階床下 2階床下 屋根裏



杉山建設株式会社
-----------------------------------------------------------------------------------
ホームページ
株式会社スリック  〒399-0034長野県松本市野溝東1-2-12 TEL.0263-28-7001
Copyright(c) SRIC Corporation all rights reserved.